NISAニーサ(少額投資非課税制度)って下手すりゃ損します

平成26年(2014年)からNISA(少額投資非課税制度)というのが始まります。
専用口座では、成人一人年間100万円、総額500万円までの投資の利益・配当金が非課税になるんですね。

少額投資の利益や配当金なんて微々たるものだからこそ、非課税にしてもらって、少しでも有利にすることは大事なことです。

でも、NISAにすれば得することばかりってわけじゃないみたい。
NISAだと、かえって損してしまうケースもあるんです。

NISAは対象期間中、専用口座内で利益を上げた場合は非課税になるのでメリットがあるけれど、反対に対象期間中専用口座内で損失が発生した場合、損する場合があります。

たとえば、NISAで100万購入した株価が期間終了時、株価が80万になったとします。
その一年後、一般口座に移管され株価が100万に戻ったので売却します。
すると、なんとこれは一般口座移管後80万で取得した株が100万に上がったとみなされ、
差額20万に課税されてしまうのです!
実際には、100万円で購入した株が一時80万になり、その後100万に戻ったに過ぎず、本来なら税金を払う必要はありません。
ところが、NISAで購入したばかりに、税率20%として4万円損しちゃうというわけです。
この場合、期間終了後、翌年新規枠に振替すれば課税は回避できますが、NISAの制度終了時点の株価によっては損失が確定します。

一方、NISAで100万購入した株価が期間終了後150万になり、一般口座に移管されたとします。この場合の利益50万円は非課税です。その後、一般口座の株価が130万円になったので売却します。
すると、実際には100万の株を130万で売却しているので、30万の利益に課税されるところですが、移管後150万円の株価が130万円になったとみなされ非課税になります。

このように、よくよく見ると、NISAって、利益を上げなければメリットないという厳しい口座なんです!

これって、利用すべきかいなか、悩みます。



スポンサーサイト



主婦がゼロから種銭を作るあたりまえの方法

主婦が株式投資の種銭を貯めるには、ひたすら地道にコツコツいくしかないんです。
「なーんだ」ってがっかりしたでしょうか。

株式に限らず、とかく投資というと、一気にバーンと儲けることみたいに考えがちですが、
桁違いのお金を投資するプロほどおそろしく緻密な分析をして、リスク分散して、安全運用してるものなんです。

そこんとこ、わたしも含め、ほんと勘違いしてる人が多いと思います。
たくさん資金がある人は、リスクが少ないと思ってませんか?
リスクはみなおんなじです。
違いがあるとしたら、取引する回数でしょうか。取引回数が多ければリスク分散できるので、そういう意味ではリスクを減らせるかもしれません。

でも、小資金で取引チャンスが少なければ、より投資すべき株を厳選すればリスクは回避できます。

投資は、儲けるチャンスととらえるよりは、リスクを負う機会ととらえ、できるだけ資金を減らさないことに徹するのが原則なんです。ふしぎなことにそうしないと資金は増えないもののようです。

さて、株式投資を始めるための50万なり100万をこれから貯めようという人は、強い決意を持って積み立てを始めましょう。近道なんかありません。コレが一番の近道なんです!

無職の主婦の人も、ぜひ毎月のお小遣いの額を決めてもらって、そのうちの一定額を積み立て貯金していきます。少額から積み立てられて、引き出し手数料が高くて引き出しにくい金融機関がおすすめです。

で、これはあくまでも株式投資用の積み立てなので、ほかの用途には使わないもの、ないものとして積み立てていける範囲で行いましょう。

たとえば、毎月1,000円とかだったら無理なくできそうですが、目標の50万貯めるのに40年以上かかってしまってさすがにめげちゃいます。

そこで、何年で種銭を作りたいかという目標を決めます。どんなにかかっても5年までにしたいですね。5年より先の生活スタイルってなかなか想像できませんから……。

それからどうやって目標額を貯めるか作戦を練るんです。
お小遣いの額を上げてもらう。
誕生日のプレゼントを現金にしてもらう。
アルバイトをする。
内職する。
などなど収入を増やす計画を立てます。

その間、出産とか引越しや転勤、親との同居などなど考えられる生活の変化なんかも考慮しつつ増やせる計画を立てます。

途中、予定通りいかないことがあって、増えない期間があっても、減ってなければめげることはありません。

話せる人には50万の資金をためたいということを宣言しておくといいです。


こんなふうに資金計画を立てて、できることを始めるんです。
こうしたあたりまえのことをしてない人がほとんどなんです。
あたりまえのことをすれば、もうそれはあたりまえじゃなくなるんです。

できそうだと思いませんか?
成し遂げたときの自分は今より自信が持てそうだと思いませんか?

そんなあなたが株式投資を始めたら、もうきっちり勝率を上げていけるマインドが見についてると思います。

ゼロから始めてみますか?
それともゼロだからできないとあきらめますか?

株式投資の資金はいくら必要?

株に限らず、投資をするには資金が必要です。
そんな資金、主婦にはないのが普通です。

若い頃からコツコツためてきた貯金も、なんやかんやで生活資金に消えてしまうなんてことを何度繰り返してきたことでしょう。

で、結局、資金がないから投資できない現状を変えられずに過ごしてしまうんですよね。

知ってます? ネットがなかった頃の株式投資をする人たちって、ほんと桁が違いました。

それからすると、今はほんと格段に敷居が低くなりました。
手数料なんて、考えられないぐらい安くなりましたし、取引も証券会社の担当者なんかとおさなくても勝手に好きなようにできるようになりました。

だからつい、軽く無責任に始めちゃうって人が増えてる気もします。

簡単になっても、額が小さくても、株式投資は株式投資なんですよね。
自分なりの資金管理のルールを持っていることが大事です。

わたしの場合、100万円あれば株式投資はできると思ってます。

ただし、実際に株式を購入するのは30万~50万円です。
こんな少額投資やってられないと思う人は種銭づくりを優先しましょう。

50万の資金で10万以下の株式を探すという作戦もありだと思います。
「株の公式」を実践すると、10万以下で買えるような株はよくないっていう偏見はなくなります。

やってみるとわかりますが、株の公式にかなうような銘柄で、かつ安くで買える株式はそう簡単には見つかりません。「株の公式」に従って株式投資をしようとすると、買いたいのに資金不足で買えないと思うことより、買う株式が見つからないと思うことのほうが多いです。

「株の公式」は、ほんとに買うべき株式を絞りこむので、儲けたいとあせっている人には我慢できない方法かもしれません。とってもじれったい安全な方法なんですね。
わたしも儲かる気はしなくても損する気はしません……。

失敗が許されない他人のお金を預かって運用するプロのやり方ですから間違いないんです。

貯金より増えればいいぐらいの心構えで資金を減らさないことを目標に始めるのがコツです。

公式どおりの株式はまずない応用問題ばかりなので、経験を積むために少額からでも取引するつもりでチャートを見始めるのはいいことだと思います。

買うつもりで銘柄を見るのはいい訓練になりますし、カンも養えるのではないかと思ってます。
わたしも日々修行中です。

証券投資や資産運用について必要な知識を手軽に体系的に安心して学べる基礎講座はこちら




新高値株の見つけ方

2.png
「株の公式」では、新高値をつけた株しか買わない。
この方法は、著者林氏のオリジナルな手法ではなく、
プロの間では定石の一つなんだそう。

「安く買って高く買う」のが株の常識だと思ってたわたしは目からうろこでした。




で、新高値の株をどうやって見つけるかというと、「転換点投資のケンミレ株式情報」というサイトの
「年初来高値(ケンミレ式)」というデータを見ればかんたんにわかるようになってます。
これも林氏の本に載ってます。

アベノミクスが始まるついこの間まで、1ページで見渡せるぐらいの銘柄数だったんですけど、
今はなんでも上がってて、250銘柄以上あったりします。
ちなみにわたしは東証1部の銘柄しか見てません。

ここで、買えそうな値段の銘柄をピックアップしながらチャートのかたちを見ていきます。

主婦が資金をつくる方法

学歴とか権威とかセレブとか言われてる一方で、
年齢も経験も性別もまったく関係なく活躍できる場がインターネットですね。

生まれたときからインターネットがあたりまえのようにあった人たちにとっては
何の感慨もないでしょうが、スゴイことになったもんだとわたしなんかは思います。

なんだかよくわからないけれど、ネットビジネスで稼いでいる人たちがいるらしいことは
うすうす感じてました。

わたしもポイントサイトやアンケートサイトでポイントを換金してもらったことはありますが、
ほかにもいろいろ稼げる道があることがわかってきました。

在宅で、一般のお仕事と変わらないかそれ以上の収入をねらえるチャンスがあるということ、
それが年齢とか経験とかに関係なく誰でもチャレンジできるということを知ってわくわくしました。

だけど、決してラクして儲かるものじゃないみたいです。
成功してる人は、ほかのお仕事と同じか、それ以上の努力をしてます。

以前はプログラミングとか専門知識がないと太刀打ちできなかったようなことも、
今ではかんたんにできるようになってきてます。
それで参入がかんたんになったのだけれど、結果を出すまでに挫折する人が多いみたい。
ネットというと、なんかラクしてスピーディに儲けられそうな幻想持っちゃうんでしょうね……。
働く厳しさというか、お金を稼ぐたいへんさは、ネットであろうが変わらないってことですね。

スポーツとか芸能とかに比べたら才能とか運にもそれほど左右されないし、ネットビジネスは、苦労が正直に報われる数少ない世界ではないでしょうか。
学歴も関係ないし、莫大な資金もいらない。始めるリスクは、ほかのどんなものより小さいです。

育児とか介護とか体調とか年齢とか、いろんな事情で就職はむずかしいっていう人にも
やればできるチャンスを与えてくれているところがいい!

わたしも株式投資の種銭づくりのために学習中です。
甘くないですけど、やりがいがあって、がんばってる人たちはみんな楽しそうです。
何もしないよりやってみる価値ありです。